歌の翼にキミを乗せ

◆久々に舞台を観にいってきました。

c0070642_871719.jpg


  『歌の翼に君を乗せ -ロクサーヌに捧げるハイネの詩-』

  純愛小説の原点とも言われるエドモン・ロスタンの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』。
  自らのコンプレックスに悩み、従妹ロクサーヌへの恋心を生涯隠し貫いた男の話。
  今回の舞台は、この戯曲をベースに舞台を17世紀のフランスから1944年の
  来たマリアナ諸島に置き換え、太平洋戦争中の男女の純愛を描いています。

  キャストは観月ありさ、西村雅彦、安田顕。

  姉に誘われるがまま行った舞台。
  思った以上に切なく、思った以上に悲しく涙が止まらない舞台でした。

  恋愛だけでなく、戦争の残酷さ、人間の強さ・弱さをまざまざと見せ付けられ
  心が痛くなり、今の、色々あるものの普通に生活できる自分は本当に幸せだなぁ、と
  感じた舞台でした。

 

  ちゅらさん、ありがと☆
[PR]
by petit-squirrel | 2007-07-22 23:06 | ◆Art・Craft・Handmade
<< 全粒粉の・・・ たまたま発見 >>